2016年12月24日

銀行融資とファクタリングの違いを説明します!



100万〜3億の資金を最短即日で調達!
売掛金を売却して資金繰りを改善する方法


安定的な売掛金があればOK!
無料診断後、すぐに資金調達プロが
最適のファクタリング会社をご紹介します。


公式サイトは以下の画像をクリック





銀行融資とファクタリングの違いについて簡単にご説明します。


従来ですと、会社の資金調達をする時にまず思い浮かぶのは銀行融資でした。

しかし最近では、審査が厳しい銀行融資にするよりも、ファクタリングを選択する中小企業が増えてきました。

当然ですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

例えば、現金化されるまでのスピードを比較すると、銀行の場合は1か月前後は必要となりますが、ファクタリングだと即日〜数日後に現金化できます。

また、金利・手数料などの費用も異なります。

銀行融資の場合は、金利が年間数%と安く済むのですが、ファクタリングだと売掛金の5%前後と多少割高になります。

近年になってファクタリングに人気が集まっているのは、銀行融資には審査があったり、時に担保が必要だったりと面倒なことが多いからです。

さらに、銀行融資というだけあって「借入金」になるので返済する義務も出てきます。

その点、ファクタリングは売掛金さえ安定していたら審査なしですばやく現金化できます。

これは資金繰りが厳しい会社にとってはキャッシュフローを早くすることができて非常に助かる仕組みと言えます。


100万〜3億の資金を最短即日で調達!
売掛金を売却して資金繰りを改善する方法


安定的な売掛金があればOK!
無料診断後、すぐに資金調達プロが
最適のファクタリング会社をご紹介します。


公式サイトは以下の画像をクリック








posted by saki at 10:23| 健康